今日の時計『セイコー GS スペシャル・ハイビート』

GS014

おかげさまでご好評をいただいております『ブログに載せて¥500引き』キャンペーンにより、続々と修理例が集まり始めております。

今回は60年代末〜70年代オールドセイコーの代表的なモデル『61系』のひとつ。6155-8000 の修理依頼を佐賀県のH.T.様よりいただきました。

この年代の時計としては、極めて良好な特性を得るに至りました。

オーバーホールの様子は次のページをぜひご覧ください。

Seiko GS Special Hi-Beat 6155-8000

(↑こちらをクリック)