今日の時計『セイコー・チャンピオン』

SEIKO|Champion
SEIKO|Champion

愛知県S.T.様ご依頼品

国産アンティーク時計は根強い人気があるようで、当工房には多くの依頼があります。今回のセイコー・チャンピオンも60年代の国産時計です。当工房では古いものは極力パーツなどの変更は行わず、オリジナルの現状のままで内部のメンテナンスを行うだけに留めることをオススメします。特に国産のものは古いパーツも手に入りにくいうえ、無理に高額な出費をかけて交換しても、出費に見合った性能が出る事はほとんどなく、お客様をがっかりさせたくありません。ですから、古い時計のパーツの交換はそれがないと時計の動作に支障がある場合か、性能が実用的なレベルで改善できる見込みが明らかな場合以外は行わない方針です。ただし、お客様のご要望で風防などを交換したいといったご相談にはもちろん応じますので、お気軽にお問い合わせください。

セイコー・チャンピオンのオーバーホール事例をみる