一部の運用ルール見直し

平素はアトリエ・ドゥにご愛顧を賜りまして、誠にありがとうございます。

このたび、一部の運用ルールの見直しと変更を行いますので、お知らせさせていただきます。

  • 受付番号について
  • 特別料金について
  • その他お知らせ

【受付番号について】

これまで時計の修理お申し込み1件に対して1つの受付番号を発行している場合と、時計毎に受付番号を振った場合が混在しておりました。番号の意味が分かりにくく、混乱の元になりかねないと思いますので、今後は『修理品の時計1つに対して1つの番号』にルールを統一させていただきます。また、番号発行のタイミングも従来はお申し込み受付時に行っておりましたが、今後は工房に時計が到着して受付可能な時計のみに対して発行します。


【特別料金について】

これまで通常のオーバーホール作業のほかに、お客様からパーツ交換の代行など通常の作業以外のリクエストを依頼された場合は、オーバーホールに付帯するサービスとして実施させていただきました。しかしながら、中には基本オーバーホール料金にて対処することが不適切な事例もあり、ブログ掲載オプションで公開したことでオーバーホール作業に含まれているかのような誤解を与えてしまっておりました。そのため、今後はオーバーホール作業料での実施が難しい作業リクエストにつきましては『特別料金』にて実施させていただくことにいたします。線引きはケース・バイ・ケースとなりますが、以下にガイドラインとなるページを作成しましたので、ご参照ください。

オーバーホールに含まれる作業内容について詳しくはコチラ


【その他お知らせ】

5月中旬〜5月末までに完了予定だった時計修理が遅延していた件につきましては、現在のところほぼ解消いたしております。お待たせいたしましたお客様にはたいへんご迷惑をおかけいたしました。

なお、引き続き修理待ちの時計のご依頼状況は、約1ヶ月分のご予約が入っている状態でございます。そのため、新規受付分の納期は修理内容にかかわらず全てのご依頼が1ヶ月〜以上待ちの状態となっております。

慢性的に納期が1ヶ月かかる状況が続く場合は、基本情報として受付納期を依頼内容にかかわらず、全て【1ヶ月〜】以降とさせていただくか、受付を一時制限する、または一部料金の見直しなどを検討させていただくかも知れません。

この点につきましては、また後日あらためて対応策をご案内させていただきますので、ご利用のお客様にはご不便をおかけいたしておりますが、何とぞご理解をいただきますようお願い申し上げます。

アトリエ・ドゥ