謹賀新年(2017)

アトリエ・ドゥは創業から1周年が経ちました。

何の経営ノウハウもなく、いつかは独立と思って少しずつ準備はしていたものの、ほとんど思いつきに近い勢いで脱サラして、サイト運営さえしたこともない中でのスタートでした。まったく無謀もいいところで、よくまあ1年でも持ったものだと思います。おかげさまで、どうにか手応えはつかめたように思います。この一年間にアトリエ・ドゥをご利用いただきました全ての方々に、深くお礼申し上げます。

日々、一件一件の時計と向き合い、従業員として雇用されていたときとはまた違った意味での仕事に対する難しさ、気持ちの変化など、多くのそれまでとは異なる発見や感覚を味わいながら、なんとか目の前の仕事をこなしていくだけで、あっと言う間に月日が過ぎたというのが正直な実感です。しかし、これまでの人生の中において最もスリリングで、かつ充実した日々だったように思います。

どこかの組織に属して給料を得ていれば、確かに生活は安定します。自転車操業の何たるかは身をもって経験してはじめて分かります。かといって、誰かに雇われている限り、たとえどんなに成果を上げても、所詮は属する会社なり店なりの看板の株が上がるだけです。私にはそれが納得できませんでした。自分の名前で店を持ち、活かすも殺すも我が腕一本にかかっている。それは簡単なことではありません。しかし、仕事に対するやり甲斐とそこから得られる喜びは、私にとってステイタスや金銭以上の価値があったのです。何より、一人一人のお客様と直接コミュニケーションを取れると言う事は、分業制の進んだ企業の中にいては決して味わうことができないもので、お褒めのお言葉も(時にはお叱りのお言葉さえも!)他の何にも代え難いものです。

機械式時計をとりまく環境は日々変化し続けております。今日の仕事が明日もあるとは限りません。むしろこれからが正念場だと気を引き締めたいと思います。しかしながら、機械式時計を愛するファンがいて、その鼓動が止む事なく時を刻み続ける限り、アトリエ・ドゥは一つでも多くの時計を修理し続けたいと考えております。

今年が時計ファンの皆様にとって、ますます素晴らしい年となりますように。