今日の時計『オメガ・スピードマスター・プロフェッショナル』

OMEGA|Speedmaster professional (cal.1164)

北海道T.H.様ご依頼品

オメガのスピードマスターで、ムーブメントがETA7750と同じタイプとなるcal.1164搭載のモデルです。タイムグラファーで計測すると、絶好調ではないものの、そこそこに性能が出ているように見える状態です。実際に使ってみても、それほど歩度が大きく狂うこともなく、日常利用できると思われます。しかし、一見調子が良いように見えて、裏蓋の奥では恐ろしいことが起きていることがあります。使っても使わなくても、最低5年に一度はメンテナンスをおすすめする理由があります。

ブログに掲載できるのは助かった事例ばかりです。莫大なパーツ交換費が必要な事例は、ほとんどの方が見積もりをみて「やめます」と。(苦笑)その他、門前払いになった悲しい時計たちが山ほどある事実を忘れてはいけません。「カネに糸目はつけねぇ」という御大尽は、そうそういるものではありませんネ。誤解なきよう申し上げます。アトリエ・ドゥは安くあげることは二の次です。全て【その時計の修理において理想的な状態を保つために必要かどうか】という視点で容赦なく見積もりを行います。その結果、パーツ代が10万円以上ということもあります。少し無理してでも安くして受注しようなどという発想は全く持ち合わせておりません。そんなことをすれば、結局早晩その時計は再び故障し、信頼を無くすことになるからです。安くなければやめるというならそれで結構。いくら払ってでも直したいという方こそ、こちらもその気で取り組むだけです。そして、私に無理な仕事はお引き受けしません。潔く諦めます。なんでもかんでもやろうとするから、拙速な仕事になるのです。

オメガのスピードマスタープロフェッショナルのオーバーホール事例をみる