セイコー・ロードマーベル(複数台組み上げ)その2

SEIKO|Load Marvel 6155-8000

東京都 S.S.様ご依頼品

前回に引き続き、こちらは2点目です。複数台組み上げは裏メニューであり、あくまで当工房が可能と判断した時計に限り行います。当工房の提供する『すべておまかせコース』とは違い、出来上がりの性能の保証は行いません。しかし、今後もこういった需要が多いようであれば、定番化する予感もあります。うまくいっているうちはいいのですが、どうしようもない個体ばかり送られてきても、お断りせざる得ないケースも考えられるため、同様の修理をお考えの方は慎重にリスクをご判断のうえお申し込みください。


セイコー・ロードマーベル36000 複数台組み合わせ

セイコーロードマーベル(cal.5740C)3台を使って、1台の理想ムーブメントに組み直すご依頼です。いずれもご依頼主所有のものであるため、必ずしも結果が思わしい性能とはならない可能性がある点をご了承いただきましたうえでの作業です。通常のサービスではないため、動作のみ1年間の保証(歩度は考慮にいれない)となります。なお、写真手前のものが修理希望とのこと。残る2つは針が外れていたり、パーツケースにムーブメントが分割されていたりと、すでにパーツ取り用のような状態です。

なお、たいへん有難いことに作業後に残った2台は当工房にご寄付いただけるとのこと。5740C はとにかく依頼が多いので、こういったお申し出はとても助かります。

 

裏蓋を開けたところ。古いものにお約束のサビがケースに見られます。

 

ケースは外装研磨サービス『手仕上げ』をご希望されたため、分解して細部までサビをよく落とします。

 

サビ取り洗浄まで完了したところ。ケース表面には全体に擦り傷が目立ちます。

 

こちらは3台分のムーブメントを全て分解したところ。1台のパーツ点数が少ない機械だからまだなんとか可能ですが、これ以上はもう無理でしょう。作業スペースも確保しなければなりません。

 

せっかく3台ありますので、1.プライマリ用 2.万が一結果が駄目なときのため、セカンダリ用 3.残り物 の3つに分けて、1と2は洗浄してパーツケースへ。後ほど個別に組み上げます。3.は洗浄せずそのまま早々と組み上げて退場。

 

ケースの研磨が仕上がりました。風防は新しいものに交換してあります。傷を落とすためかなり深く削りますので、どうしてもオリジナルのエッジがやや丸くなってしまいます。過去に磨いた形跡がまだなく1回目の研磨だったため、それほど違和感なく仕上がったと思います。研磨はやればやるほどどんどん丸くなって形は崩れていきます。

 

香箱とゼンマイも洗浄して注油しなおします。

 

ベースムーブメントを組んでいきます。3つの中から選んだ最良のパーツですから、さすがにホゾはご覧の通りピッカピカです。摩耗もいちばん少ないものです。不運にして3つが3つともガラクタ同然という場合もあり得ますので、期待しすぎは禁物です。

 

輪列の組み上げへと進みます。動きも滑らかであり、アガキなどクリアランスなども今回は調整らしい調整もなくここまで順調です。

 

アンクル(脱進器)を取り付ける前の確認。3つの中でこれがいちばん石がキレイで調整もしっかり。石とアームの接着にはシェラック(天然樹脂)が使われています。やけにケチくさい量ですが、残念ながらこれはすべての5740Cに共通しており、当時の製造方針のようです。(アンクルは本来もっとたっぷり樹脂を石のまわりに回り込ませるのが望ましい時計作りの姿勢ですが、この頃からセイコーは次第に低コスト大量生産へと変わっていきました)シェラックの量が少ないと、洗い刷毛で汚れを落としているときに、石だけポロっと取れてしまったりすることがよくあります。その時はその時で再調整と再接着をしますが、非常に手間がかかる作業のため、単に樹脂の量が好みでないことを理由にここをいじっていてはきりがありません。調整が必要であるか、または石が取れでもしない限りは、そのまま使います。

 

アンクルを取り付けたところ。入り爪と出爪でガンギ歯との噛み合い量もほぼ等しく、そのほかの部分も正常な範囲内のため、このまま組み上げていきます。

 

バランス(テンプ)を裏側からみたところ。テンワの四角い穴は製造時に行われたダイナミックバランスによって生じたものです。古い時計にありがちな、半可通の下手の横好きダメ時計師によって開けられた穴(メチャクチャいいますよ。そのくらい百害あって一理もありませんので)は皆無!これはめずらしいです。ほかの多少のことに目をつむってでも、これは採用価値があります。時計師が個々の事由によって勝手に行ったダイナミックバランスは、なぜか年月とともに狂って(?)やればやるほど特性がおかしくなってしまったものばかり。感心するような調整に出会った例しはほとんどありません。ならば、何も下手な調整がされていないほうがいいし、それをそのまま使えることが最もオリジナルの性能を引き継げる可能性が高いです。テンワを削ったものはもう元の性能には二度と戻せません。

 

ベースムーブメントの組みあがったところ。さてさて気になる特性は、、。

 

全巻き(T0)

左上)文字盤上 振り角 209° ビートエラー0.0ms +008 sec/day

右上)文字盤下 振り角 211° ビートエラー0.0ms +008 sec/day

左下1) 3時下 振り角 200° ビートエラー0.0ms +020 sec/day

左下2)12時下 振り角 201° ビートエラー0.1ms +003 sec/day

右下3) 3時上 振り角 206° ビートエラー0.0ms +000 sec/day

右下4)12時上 振り角 210° ビートエラー0.0ms +010 sec/day

 

半巻き(T24)

左上)文字盤上 振り角 200° ビートエラー0.2ms +012 sec/day

右上)文字盤下 振り角 205° ビートエラー0.0ms +008 sec/day

左下1) 3時下 振り角 188° ビートエラー0.1ms +021 sec/day

左下2)12時下 振り角 183° ビートエラー0.1ms +001 sec/day

右下3) 3時上 振り角 193° ビートエラー0.0ms -002 sec/day

右下4)12時上 振り角 187° ビートエラー0.0ms +018 sec/day

手巻きの時計は、ゼンマイを完全に巻き上げた時から、半分くらいにほどけた時の性能をよく見比べておく必要があります。その差が小さければ小さいほど、実際に使ったときも狂いが少なく歩度が一定に保たれやすいことを示唆しています。

今回の場合は全巻きのバランスの振り具合(振り角)こそいまひとつですが、等時性という面では優れております。3時下と12時上でやや進み気味ですが、振り角の変化による差があまり見られないこと、縦姿勢で210°付近まで振っても傾向が同じであることから、テンワの片重りではなく他の事由(例えばひげぜんまい)によるものと思われます。このことからも今回の場合はダイナミックバランス調整を行わないことがむしろ好ましいと言えるでしょう。

時計理論の話であり解説が少々難解で申し訳ございません。「もっとわかりやすく書いてくれ」とのお叱りもごもっともですが、それをやると本が一冊書ける内容になってしまいますので、、、。

 

とにかく、毎回ただデタラメに作業している訳ではないので、読む人が読めば分かるように、かつ100年後だろうが200年後だろうがこの記事が残って誰かの目に触れてもなお「恥ずかしくない」と胸を張って言える内容で書いております。今回は特殊な案件だったこともあります。ブログ掲載オプションの原点に立ち返って、ご依頼主にとってやってよかったと思える内容はどうあるべきなのか、常に模索していきたいと思っております。

 

文字盤と剣付けをしたようす。

 

ケーシングして完成。

 

最終特性(ベースムーブメント全巻きとほぼ同じ結果のため詳細は省略)

 

【ロードマーベル36000 (5740-8000)】
———————————————————————————————
□オーバーホール料金 手巻き ¥ 15,000
□追加パーツ費用
 ・セイコー純正プラ風防    ¥ 5,000
 ・5740-8000 ムーブメント2台 ¥ 同梱品
□その他
 ・特別費用 複数台ムーブメント組み上げ 2台@15,000 ¥ 30,000
 ・外装研磨サービス 手仕上げ ¥ 10,000
———————————————————————————————
合計金額      ¥ 60,000

 

 

トップへ戻る