BVLGARI・ブルガリ

BVLGARI|BVLGARI (cal.2892A2)

東京都J.H.様ご依頼品

ブルガリのブルガリ・ブルガリです。(本当にこういう名前です)同じご依頼主様より複数の時計をお預かりしていて、1本目です。分解掃除と合わせてケース研磨のご希望をいただきましたが、実はブルガリのこのシリーズはケースがステンレス製ですが、上から白ロジウムと思われるメッキを厚めに施しており、それにより表面の独特な高級感ある光沢を出すという手の込んだ仕上げです。そのため、他のステンレスケースと同じようには研磨できません。代わりにごく浅い仕上げバフによる、ツヤ出しをさせていただくことになりました。


ブルガリ・ブルガリ

分解前の測定から。だいぶ遅れが目立ちますが、各姿勢でよく揃った動きをしており、典型的な油ぎれの症状のように思われます。

 

内部ムーブメントを分解してパーツの洗浄が完了したところ。やはり注油はすっかり乾いておりました。ムーブメントはETA2892A2互換品ですが、この機械は油が切れてくると極端に振り角が落ちて歩度が遅れてくる傾向があります。お使いになっていてその様子が感じられましたら、ちょうどオーバーホール時期の目安にされるのがよろしいと思います。

 

香箱とゼンマイも洗浄と再注油を行います。状態は良好です。

 

ベースムーブメントの組み立てにうつります。この機械は構造上まず香箱まわりの受けを先に組まないと、輪列の歯車がうまく組み込めません。モノにより組み立てる順番などが微妙に違ってきます。

 

輪列付近を拡大したようす。おおむねパーツの状態は良好で、交換が必要なものはなさそうです。

 

4番車のホゾをさらに拡大したところ。わずかに摩耗による変形がみられます。実はこの部分だけ油が全く残っておらず、少しサビが見られました。今回はサビを落とせたためこのまま使いますが、今後さらにホゾが痛んでいくようなら歯車(と場合によっては受け側の穴石)を交換する必要が出てくるかもしれません。

 

ベースムーブメントの完成したところ。バランスの動きも非常によいです。

 

主要4姿勢による動作のチェック。乱れもなく各姿勢でよく揃っています。

 

カレンダー機構の組み付けと、文字盤・針付けへと進みます。

 

さいごにケーシングをしてオーバーホール作業の完了です。過去にあまり手入れされた痕跡がなく、ご覧の通りムーブメントは美しい状態を保っております。

 

最終特性

左上)文字盤上 振り角 237° ビートエラー0.0ms +004 sec/day

右上)文字盤下 振り角 247° ビートエラー0.0ms +004 sec/day

左下1) 3時下 振り角 213° ビートエラー0.2ms +011 sec/day

左下2)12時下 振り角 206° ビートエラー0.2ms +009 sec/day

右下3) 3時上 振り角 210° ビートエラー0.3ms +008 sec/day

右下4)12時上 振り角 213° ビートエラー0.0ms +005 sec/day

バランスの振り角がこの機械にしてはずいぶん低く感じられますが、4番車のホゾの摩耗によるものだろうと勘違いし、歩度などは正常で全姿勢とも推奨値に入っていることから、これで問題はないと判断、完成としました。

しかし後日、ブログ掲載用に編集をしている時に、測定機側の設定で拘束角設定を間違え、本来52にすべきところ45で計測していたことが判明(写真は嘘をつきません。よく見ると、LiftAngle のところが”45″になっています)

私の測定ミスでお恥ずかしい限りですが、時計の性能には関係なく問題がございません。拘束角については難しい専門用語のため省略しますが、実際のバランスの振り角はもっと高く、上記結果の振り角に50°前後足したものが正しい値です。

 

ケースはツヤ出し研磨をして完成。

【BVLGARI L4671 (ETA2892A2)】
———————————————————————————————
□オーバーホール料金  自動巻  ¥ 20,000
□その他
 ・研磨サービス ツヤ出し    ¥ 5,000
———————————————————————————————
合計金額             ¥ 25,000

 

 

トップへ戻る