今日の時計『ロレックス・メンズ・デイトジャスト』

ROLEX|Mens DateJust cal.3135
ROLEX|Mens DateJust cal.3135

東京都E.O.様ご依頼品

一つ前のご依頼と同じ方です。ペアでのご使用ですね。こういう場合、通常はメンズのほうが高精度になることが多いです。というのは、サイズが大きい分だけ設計にも無理がなく、加工にしろ、その後のメンテナンスにしろ、何かとやりやすいからです。ところが今回は見事にレディースのほうがその点で勝ってしまいました。落とし穴は意外なところにあるものです。


ロレックス メンズ・デイトジャスト

dj3135x-1

分解前の測定です。若干ビートエラーがあり、姿勢差も少し開いています。日差が10秒以上あり、ロレックス cal.3135 にしては進み気味です。このように使い続けているうちに進む方向へずれていく場合もあるので、使える事を良いことに整備を怠ってしまいがちです。遅れる場合と同様で、時計の精度がだんだん変化しはじめたらメンテナンスの時期が来ているとお考えください。

 

dj3135x-2

内部パーツを分解していて、気になった点です。これは香箱(ゼンマイが入る)のフタですが、明らかに指紋の跡が残っています。つまり香箱を素手の指でつかんだということです。これは時計師としてはあってはならないもってのほかの行動です。過去に担当した者の仕事に対する態度が表れています。

 

dj3135x-3

香箱の中は油が残っているものの、黒く固まった部分と液体の部分に分離していました。おそらく過去にゼンマイを取り出さず、上から油だけたらしてフタをした、という手抜きのなせるわざと思われます。

 

dj3135x-4

パーツの分解と洗浄が済んだところ。大きな損傷こそないものの、受けの上面など全体的に小傷が目立ちます。洗浄前はずいぶん表面が汚れたパーツが多く、使い回した汚れたベンジンで洗ったときに残るようなカスが見られました。

 

dj3135x-5

組み立ての時にもまたまた問題が。矢印の2つの小さな歯車は小鉄車といいます。見てお分かりの通り、明らかに表面の色ツヤが違います。つまりモノが違います。(違ってはいけないのが本当です)おそらく過去に針回しや巻き上げに問題があって交換したのでしょうが、オリジナル純正パーツではなく、社外品パーツと思われます。当工房でもジェネリック品を使う場合はありますが、それはオリジナルパーツがどうしても手に入らず、かつ依頼主も修理内容に同意した場合に限ります。ロレックスのような真贋に厳しいブランド時計のパーツ交換は特に神経を使うはずなのに。いい加減さは香箱だけではとどまりません。

 

dj3135x-6

組み立てが進みます。

 

dj3135x-7

アンクルと受けを組んでいるところ。

 

dj3135x-8

アンクル受け部分を拡大したようす。良く見ると、受けを留めるネジの頭など、ネジ溝の内側に細かいキズや凹みが多く見られます。これはドライバーがネジ頭にちゃんと合っていないもので作業するとつきやすいものです。ネジなんて多少キズがあっても、とまってネジの役果たしてればいいじゃん?

そういう考えの持ち主は、少なくとも時計師には向いていないし、なってはいけないと思います。しかし現実はその逆です。ネジの締め跡を見れば、その職人の技量程度が知れます。本当です。

 

dj3135x-9

なんだか今回は愚痴ばかりになってしまいました。もっとヒドイ跡だらけの時計はいくらでもあるんですが、ロレックスのような高級品は、出す店を間違うと取り返しがつかない損害を被ることがあり得るということです。かえって時計壊されます。部品すり替えられます。ろくなもんじゃないです。

 

dj3135x-10

ベースムーブメントの測定(半巻き)

左上)文字盤上 振り角 234° ビートエラー0.0ms +005 sec/day

右上)文字盤下 振り角 220° ビートエラー0.1ms +003 sec/day

左下) 3時下  振り角 199° ビートエラー0.0ms -001 sec/day

右下)12時下  振り角 201° ビートエラー0.0ms +006 sec/day

姿勢差が少し開いています。普通の機械式時計として考えるなら十分なスペックと思います。しかし、cal.3135 としてはもうワンランク上の性能を期待したいところ。やはり過去の修理での取り扱いに問題があるとこういう所にしっかり影を落とすものです。調整では取りきれないナゾの不良となってついて回ります。

 

dj3135x-11

さらにカレンダー機構を組み込みます。

 

dj3135x-12

文字盤と剣付け、ケーシングまで進んだところ。まあ遠目にはすっかりキレイになりましたので、細かい点には目をつぶる事も必要です。(この調子で「ネジが気に食わないから、全部交換しましょう」とか言われても困りますよネ?)あまりに完璧主義を貫こうとすると、たちまち矛盾の板挟みになってつぶれてしまいます。勘所はしっかり押さえつつ、後で誰にみられようとも恥ずかしくない仕事を心がけております。

 

dj3135x-13

最終特性

左上)文字盤上 振り角 277° ビートエラー0.1ms +007 sec/day

右上)文字盤下 振り角 266° ビートエラー0.3ms +005 sec/day

左下1) 3時下 振り角 238° ビートエラー0.0ms +001 sec/day

左下2)12時下 振り角 234° ビートエラー0.0ms +009 sec/day

右下3) 3時上 振り角 234° ビートエラー0.4ms +006 sec/day

右下4)12時上 振り角 224° ビートエラー0.3ms +002 sec/day

全姿勢差(Δ)8秒 最大振り角277° 最小振り角224°

それほど悪くはない最終特性になんとか収まりました。しかしお世辞にも褒められた性能とは言えません。cal.3135 にはやたら手厳しい私です。(いつものロレックスでないと機嫌がわるい)

 

dj3135x-14

完成

トップへ戻る