カテゴリー別アーカイブ: その他

今日のつぶやき

ある修理のひとコマより

RADO | AS.1758 の香箱受け (barrel bridge)

これは香箱を受けるためのパーツです。修理の途中で、赤いルビーの穴石の一部がご覧のように破損してしまいました。

私が壊したわけではありません。おそらくすでにヒビが入っていたのでしょう。持ち主が時計を何かにぶつけた拍子で入ったのかもしれませんし、はたまた過去に手入れした際の時計師が何か失敗して、きちんと直さず接着剤か何かでやっつけ仕事したり。(信じられない話に聞こえますでしょうか?時計修理の現場ではそういうトンデモな駄目修理されちゃった時計は日常茶飯事で回ってきます)これは洗浄のとき、刷毛でやさしく触ったら、それだけでポロッと取れて写真のようになりました。ご存知とは思いますが、人造とはいえ合成ルビーはそんな事で欠けたり割れたりするようなヤワな物性のものではございません。

穴石の人造ルビーは特殊なサイズですから、汎用品では対処できません。今回はたまたま同じラドのムーブメントをパーツ取り用に持っていたため、ここからパーツを抜き取ります。ムーブメントの型番は同じですが、製造時期の違いなどにより細かくディビジョンが異なることがあり、ルビーではなく金属製ブッシュが入っておりました。今回はこれを使うことにしました。

見積もり時に見抜けませんでしたから、新たにパーツ費用は生じません。アトリエ・ドゥでは基本的に見積もり時の金額が、作業完了後に変更となることはないように努めております。

この営業スタイルがいかに赤字の危険と隣り合わせかおわかりでしょうか。同じパーツがたまたまあればいいですが、無ければ全く同じムーブメントを必死に探して入手するしかありません。50年も昔の時計の穴石だけ都合よく売られておりません。時計材料屋に相談しても態よく断られます。オークション上にもまずありません。

直してあたりまえ。直せなければダメな店だと罵られる。割に合わない商売です。

10万円〜からの特別コースを新設したのは、実はこういう事例に対処する意味合いも大きいです。これと同じことが起きる匂いのプンプンする人気ヴィンテージモデルで、かつ不動品のジャンクに近いようなものは、これから全部その新しいコースでしか受付しないことにします。つい最近もIWCのcal.89でオークションで買ったとかで、リュウズもついていないような不動品を直せるか?とご相談が。見積もりすれば「やめます」というのが目に見えていたので、「最低でも10万しますけど」と時計送らせる前に伝えたら、案の定それから音信不通に。(爆笑)

IWCのcal.89みたいな往年の人気モデルだったら、ムーブメントだけのジャンク品ですら5万円以下では手に入りません。ウソだと思ったらebayあたりで「IWC cal.89 parts」とでもキーワード打って検索してみてください。まして動作するものは最低でも10万円からですし、状態の良いものは20万以上と差が広いです。ケチってヤフオクあたりの某店で7、8万で買えるヤツだと、だいたい中身に問題ありますから、パーツ取り用にも使えないようなボロボロのものかも知れません。そういうものをパソコンの出品画面の情報から見分けるためには、すごくノウハウが必要です。素人が真似して絶対うまくいきません。まがい物つかまされるのがオチです。パーツ取り用のつもりでなんかジャンク品買っても、それはただ使えないゴミが増えるだけです。まさに安物買いの銭失い。難しい世界なんです。

それが、リュウズも巻芯もついていないような不動のジャンク品をオークションなんかで入手してきて、ブログの他の機械みたいに3、4万で直ると思っているんだとしたら、お笑いでしょう?

これまでは、現物を見るまでもなく、お問い合わせの状況から明らかにパーツ取り用の同じムーブメントがもうひとつないと修理できないような時計は、かなり受け入れを慎重にせざる得ませんでした。

でも、せっかく当工房の技術を見込んでお問い合わせいただいて、お断りしなければいけないのは非常に辛い。ひとつは技術的にそもそも私には無理な場合で、これは仕方がありません。もうひとつは技術的には可能でも、費用の面で今度はお客さんのほうがうんと言わない。見積もりする前に、だいたいいくら位するものなのか、お客さんには分かりっこないですが、あまりに単純にオーバーホール代金だけで何でも直ると考える傾向にある人が多すぎると感じています。

そして、見積もりだけなら無料だから、という軽い感覚で時計を送ってくる人も多い。見積もり金額みてビックリでキャンセル。→ブロクには見積もり安くてOKもらえたやつばかり掲載される→それを見て「ああ、この程度で直るんだ」と多くの時計ファンが勘違いする→見積もり無料ならやってみるか、となり、、、(悪循環)

もうお問い合わせの段階で、そういうパターンの人もある程度わかるようになってきました。そのため、そういう方のご依頼には「あなたの時計なら10万コースですよ」と言って、事実上キャンセル料とる形でしか受付しないことにします。

しばらく様子をみまして、他のコースも見積もり無料を見直したほうが良いと判断した場合は、今後また少し営業方針を変えるかもしれませんが、とりあえずはヴィンテージ品など一部の特殊な時計について、従来のスタイルでは無理があったものからやり方を変えていきます。

謹賀新年(2017)

アトリエ・ドゥは創業から1周年が経ちました。

何の経営ノウハウもなく、いつかは独立と思って少しずつ準備はしていたものの、ほとんど思いつきに近い勢いで脱サラして、サイト運営さえしたこともない中でのスタートでした。まったく無謀もいいところで、よくまあ1年でも持ったものだと思います。おかげさまで、どうにか手応えはつかめたように思います。この一年間にアトリエ・ドゥをご利用いただきました全ての方々に、深くお礼申し上げます。

日々、一件一件の時計と向き合い、従業員として雇用されていたときとはまた違った意味での仕事に対する難しさ、気持ちの変化など、多くのそれまでとは異なる発見や感覚を味わいながら、なんとか目の前の仕事をこなしていくだけで、あっと言う間に月日が過ぎたというのが正直な実感です。しかし、これまでの人生の中において最もスリリングで、かつ充実した日々だったように思います。

どこかの組織に属して給料を得ていれば、確かに生活は安定します。自転車操業の何たるかは身をもって経験してはじめて分かります。かといって、誰かに雇われている限り、たとえどんなに成果を上げても、所詮は属する会社なり店なりの看板の株が上がるだけです。私にはそれが納得できませんでした。自分の名前で店を持ち、活かすも殺すも我が腕一本にかかっている。それは簡単なことではありません。しかし、仕事に対するやり甲斐とそこから得られる喜びは、私にとってステイタスや金銭以上の価値があったのです。何より、一人一人のお客様と直接コミュニケーションを取れると言う事は、分業制の進んだ企業の中にいては決して味わうことができないもので、お褒めのお言葉も(時にはお叱りのお言葉さえも!)他の何にも代え難いものです。

機械式時計をとりまく環境は日々変化し続けております。今日の仕事が明日もあるとは限りません。むしろこれからが正念場だと気を引き締めたいと思います。しかしながら、機械式時計を愛するファンがいて、その鼓動が止む事なく時を刻み続ける限り、アトリエ・ドゥは一つでも多くの時計を修理し続けたいと考えております。

今年が時計ファンの皆様にとって、ますます素晴らしい年となりますように。

サビ取り等も特別料金化します

iwc8531-3 manhattan-2

時計の中の状態は、裏ブタを開けてみなければ分かりません。

ご覧のように、分解すれば中は赤錆びや緑青だらけになったパーツが出て来ることは、決して珍しいことではなく、とくに古いアンティーク時計ほどそれは顕著です。

ところが、我々人間にはどういうわけか『見ぬものきよし』で、時計等も外側がキレイであれば、きっと中身もキレイに違いない、と何の根拠のないまま勝手にイメージをふくらませて、自分の理想の偶像をつくりあげてしまう習癖があります。(『フタをあけてみたら、、』とは、まさにこのことです。)

動いているから、「きっと」大丈夫。

ピカピカだから、「きっと」大丈夫。

○○だから、きっと大丈夫。その、「きっと」が曲者です。実際には裏ブタを開けてみない事には、外見や動作だけでは判断できないもの。それがサビです。

特に近年はオークションなどで、古い時計が再び日の目を浴びて世間に再流通する機会も増えています。ところが、なかには時計の外装など外側だけを磨いたり、ベルト交換して見栄えを整え、中身の機械はそのままで手入れされていない時計を、上手な写真撮影スキルと売り文句で高く売り逃れるような悪徳業者や個人も増えています。(ウェブページだけは大手専門店並みに立派だけど、よく考えたら名前を聞いた事のないような店は特に注意)そういう時計は私のような修理の専門家が中をみれば一発で分かります。

それはさておき。

そういう時計は、普通にオーバーホールして満足に動くかというと、動きません。オーバーホール直後は動いていても、半年も経たないうちに時刻が狂い出したり、頻繁に止まってしまったり、不具合のオンパレード製造機と化します。原因はホゾの摩耗であったり、サビであったりします。ただ洗浄して組んで注油するだけではダメなのです。。

そこで、上の写真のようにサビなどはキレイに落として、適切な処理が必要になるわけです。パーツなら再加工したり研磨し直したりなどの修正をします。

この作業、実はたいへんな労力と手間がかかります。

ただ力任せに削ればいいというものでもなく。削れた部分がケースであれば、防水性を気にしなければいけませんし、歯車などのパーツであれば削ってしまってサイズが小さくなったがために、かえって動きに支障が出たりします。かといって放置すればサビが進行してどちらにしろ動作に問題が出ます。錆びたパーツを見た日が年貢の収め時ではないですが、退くも地獄なら進むも地獄、時計師にとってはどうにも頭を抱える瞬間です。

パーツ交換できれば話は簡単なんです。

おおむね1990年代以降の機械式時計ブームに乗って広まった多くのブランド時計などは、ETA 社のムーブメンドが搭載されています。こういうものは、交換パーツが比較的容易に入手できますから、あとはご依頼主が交換パーツ代にOKさえ出してくれれば、ポンと換えておしまい。楽チンです。

問題なのは古い時計です。

60年代〜70年代頃を中心に、いわゆるクォーツショック以前の機械式時計黄金期に作られたものが、この「古い時計」に該当します。この時期かそれより以前に作られたものは、年代が古くなれば古いほど、交換用パーツは得にくくなります。ほとんど市場には残っておらず、枯渇しております。たまに未開封のパッケージ入り交換パーツがオークションに出回ると、ETAの同等品の10倍以上の価格だったりします。(それでもモノによってはあっという間に売り切れます)

パーツが手に入らなければ、残された道は2つしかありません。修正してなんとか再利用するか、パーツそのものを作り直す(別作)かです。いずれの方法も難しい場合は、残念ながら修理不可となりご返却させていただくことになります。

(↑ここが時計師の腕の見せ所です。パーツ換えるだけなら見習い君でもできます。しかし、パーツの補修でオリジナルと同等のクオリティや役目を果たすには技術が要ります。これは一般にはあまり知られていません。店選びを間違う人は、このことに気づいていません。)

これまでは、パーツを修正して再利用する場合はオーバーホール料金に含まれる作業として取り扱ってきました。そのため、交換パーツが枯渇して手に入りにくいアンティーク品ほど、高い技術と労力を提供しているにもかかわらず、実質的にオーバーホール料のみで修理代が済むという状況でした。

しかし、思ったより60年代〜70年代の古いアンティーク時計の修理需要は大きく、現行品をパーツ交換するよりもユーザにとって実にお得ですから、当工房には次々と古い時計の修理依頼が舞い込みました。中には安易にオークションで入手したものを、まるで交換パーツに事欠かない現行品と同じように簡単に直ると信じて疑わないような、「おじちゃんなら直せるよね??」的な純真無垢な子供の目で見られている錯覚に囚われるご依頼も少なくなく、、、。

いいえ。無理なものは無理です。(泣)

数がもっと少なければ、営業努力でカバーできなくもないのですが。こうも古い時計のご依頼が多いとなると考え直さざる得ません。パーツ交換で済む現行品のオーバーホールと比較すると、たいへんな労力と時間がかかる割に儲かりません。それではうちはつぶれます。今は大変に厳しい時代です。好むと好まざるに関わらず、利益をあげられなければ即退場です。職人の気概や意気込みだけで生き残れるほど甘くありません。諸事情を勘案しまして、決断します。ご利用のユーザ様方にも知っていただきたく。分かりやすく、古いものやサビてるものは大変なんですよと。

現行品なら、オーバーホール代金+『パーツ交換費』

アンティーク時計は、オーバーホール代金+『パーツ修正料金』(新設)

追加コストの名目を特別料金化することで、それまでアンティーク時計のオーバーホール作業コストにのしかかっていた過大な分を切り離し、現行品時計を修理する場合と比べて著しく不平等だった実態を解決させていただくことといたします。

アトリエ・ドゥでは、ご利用されるユーザ様に喜んでいただける仕事がしたいと常に願っております。価格が安ければ、それも当然うれしい事のひとつでしょう。ケースをピカピカに磨いて見た目がキレイになれば、それで喜んでもらえます。しかし、その裏で犠牲になっている作業があったとすればどうでしょうか。サビ取りなどは手抜きしようと思えばいくらでもできてしまいます。組み上がってしまえば外から見えません。ですから、やってもやらなくても手に入るお金が同じなら、やらなくなるのが人の性というものです。しかしそれでは時計はダメなのです。サビは落とさなければなりません。見えないから、分からないから、やらなくて良いのか。そういう前時代的な発想がはびこれば、時計修理という職業に対する信用は失墜すると考えます。(しかし、実態はそういう残念な修理をする人も決して少なくありません)その時だけ逃げても必ずツケは回ってきます。ならば、正直にありのままの実際の事情をオープンにして、コストが必要な理由を明確にしたいと思います。その上で、ご利用されるか否かは、まさにこれを読まれるユーザ自身のご判断にお任せをする次第です。

先日のライトポリッシュの有料化に引き続き、またまた料金値上げのお知らせとなってしまい、心苦しい限りです。しかし、サービスの根幹に関わる非常に重要なことですので、思い切った措置に踏み切ります。ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 

創業開始から現在に至るまでに気づいたことや、たまっていたモヤモヤしたものがなくなってスッキリしました。

これで当面はしばらく値上げはしないつもりですので、何とぞご了承くださいませ。

アトリエ・ドゥ

ライトポリッシュ・コース有料化のお知らせ

omega3220-4

写真はフルポリッシュの作業のひとコマです。クロノグラフなど複雑な構造のケースをフルポリッシュするためには、プッシャーやリュウズのパイプなどを全部はずさないと研磨と再仕上げが不可能な場合があります。同様にライトポリッシュの場合であっても、フルポリッシュのように完全に分解せずマスキングテープなどを施して鏡面部分を研磨する際は、こういった複雑な形状だと実はかなり労力と手間がかかります。バフ研磨機を回せばその分の電気代もかかります。研磨剤も減ります。研磨布も消耗します。細かいようですが、タダではありません。これまではライトポリッシュにかかるコストは、オーバーホール費用込みのサービスとしてご提供してまいりました。

しかし、どうにも割に合わないことが判明いたしました。

ライトポリッシュの場合ですと、マスキング処理が必要なもの(メタルブレスレットで、鏡面とヘアラインが交互に入ったものなど)と、全く不必要なもの(革ベルトのもので、本体も全て鏡面のタイプなど)で、行程にかかる時間や手間が倍以上も違う事もあり、全て無料で提供することに限界を感じております。また、研磨をせず、洗浄のみをご選択されたユーザとの料金差別化という点でも、違和感を覚えておりました。

そこで、誠に勝手ながら今後は ライトポリッシュ・コースは一律 ¥1,000 に有料化 とさせていただきます。

また、フルポリッシュは従来通り¥5,000でのサービスご提供を行います。ただし、こちらの場合も、ケース・バイ・ケースで作業の難易度が異なるため、実施が難しいものや、フルポリッシュを行うために新たなパーツの交換が必要となるような場合(洗浄のみ/ライトポリッシュであれば本来必要ない作業)は、特別料金にて実施させていただくことにいたします。

個人的にはあまり研磨はおすすめいたしません。研磨すればするほど、地金は擦り減って、形は丸くなります。小さくなります。そしてやがて研磨不可能なサイズになって見栄えのしないものになります。洗浄のみでお使いいただくほうが、使い込むほどに年月に相応の風格のようなものがでてきます。飴色に焼けた文字盤や針が良く似合います。例えばアンティーク品やヴィンテージ品は、ケースだけをピカピカにしたところで、何となくしっくりきません。もちろん現行品で実用している時計は、普段使うものだからキレイにしておきたい、という需要もあるでしょう。それは理解しております。研磨は趣味の良さがキーワードだと思います。なんでもかんでもとにかく磨く、というスタンスからは一線を画したサービスのご提案でもあります。

以上、みなさまのご理解を賜りますよう何とぞよろしくお願い申し上げます。

アトリエ・ドゥ

日々の雑感

parts

ゴールデンウィークも過ぎて、3月末まで受付した『ブログに載せて500円引き』キャンペーンの対象ご依頼品も全て掲載が完了しました。普段の修理では行わない、撮影&編集という作業が思いのほか大変で、写真を撮りつつ修理を行うかなりハードな日々を送りましたが、古い年代から現行品まで内外の主要ムーブメントの多くをまんべんなく掲載できる幸運に恵まれ、なんとか無事に目的を達成できました。ご協力をいただきました方には、この場を借りまして深くお礼申し上げます。また、今後は新サービスの『ブログ掲載オプション』のご利用も宜しくご検討ください。

ブログ掲載のペースは今後はだいぶゆっくりとなり、目下のところは月に数回程度のご紹介となりそうです。あたふたせずに作業クオリティの向上に専念でき、少し余裕も出て来ると思いますので、作業事例のほかにも何らかの話題などがブログ上で提供できれば良いなと考えております。


今回の写真はETAの交換用パーツ取寄せしたものを検品しているところです。ETAは今年からサードパーティ向けパーツの供給を停止しました。すでに相当量が市場に出回っており、今すぐにETAのパーツが入手困難になるわけではないのですが、不測の事態を避けるため、交換需要が多いパーツなどは手持ちの予備をストックしています。

ETAのムーブメントが使用されている時計は、現行品では一部のマニュファクチュールを除くと、ほとんど全てのブランド時計に採用されていると言ってよい程の状況です。「中身はよく知らない」という方。過去20年以内にスイス製の機械式時計をご購入であれば、高い確率で中身はETAです。当工房のサービスのページで、オーバーホール事例を見ていただければ、あれもこれも、という位に有名ブランド時計にも多く使われている様子がすぐに分かると思います。

ベゼルや風防やリュウズといった外装パーツは、ブランド毎にオリジナルのロゴが入っていたりして、取り寄せも出来ないものが多いのですが、中身は同じETAのムーブメントだったりします。そのため、どこのブランド時計であっても、ムーブメントがETA製であれば修理が可能というわけです。ETAのパーツは今後何十年にも渡ってストックする価値があると言えます。