カテゴリー別アーカイブ: 時計修理

BVLGARI・ブルガリ

BVLGARI|BVLGARI (cal.2892A2)

東京都J.H.様ご依頼品

ブルガリのブルガリ・ブルガリです。(本当にこういう名前です)同じご依頼主様より複数の時計をお預かりしていて、1本目です。分解掃除と合わせてケース研磨のご希望をいただきましたが、実はブルガリのこのシリーズはケースがステンレス製ですが、上から白ロジウムと思われるメッキを厚めに施しており、それにより表面の独特な高級感ある光沢を出すという手の込んだ仕上げです。そのため、他のステンレスケースと同じようには研磨できません。代わりにごく浅い仕上げバフによる、ツヤ出しをさせていただくことになりました。

続きを読む BVLGARI・ブルガリ

セイコー・ロードマーベル 5740-1990

SEIKO|Lord Marvel 5740-1990

広島県S.O.様ご依頼品

もともとお父様のご遺品だったロードマーベルを紛失されてしまったものの、忘れられずに同じロードマーベルを探してご入手されたものとのこと。厳密にはご遺品ではないのですが、お気持ちを汲みましてささやかながら少しサービスしてあります。商売は買う方売る方両方いてはじめて成り立ちます。どちらか片方だけでは成立いたしません。お互いに謙虚さと敬意をもちたいものですね。俺様は客だぞといわんばかりの招かざる方からは容赦なくふんだくります。今回のご依頼主は丁寧に詳しく時計の入手経緯や思いなどをしたためられ、メールからも情熱が伝わってくる方です。そういう方にサービスしたくなります。私も人間ですから。お金さえ払えば同じ品質のサービスが得られると考える方は、自動販売機でジュースでも買ってください。例えばお寿司屋さんにいってオレ様態度でいいネタにぎってもらえるとお考えなのでしょうかというお話でした。

続きを読む セイコー・ロードマーベル 5740-1990

Hamilton 922

Hamilton|Handwind watch 922

栃木県M.S.様ご依頼品

ハミルトンの懐中時計の修理ご依頼です。製造から約100年経過しているため、どこかに不具合などがあっても普通は交換用パーツなどが手に入りません。リュウズを巻いて動作することが修理受付の前提になります。懐中時計も動くものは多くの場合オーバーホール可能ですが、当工房ではあまり懐中時計の修理経験はありませんので、万全の結果は得られないかもしれません。腕時計の修理のようにはスムーズに行かないこともあります。それでも良いという方に限り受付しております。 続きを読む Hamilton 922

56GSセイコー・ハイビート

福岡県S.K.様ご依頼品

セイコーGSハイビートのオーバーホールご依頼です。この56GSの機械は、カレンダー早送り車が樹脂でできていることから割れやすく、よくカレンダー送りのできない個体の修理相談が来ます。しかし、残念ながら交換用パーツは現在では入手できません。設計ミスによるリコールのようなものですから、同じ型番の同じパーツだけが異常に交換必要となって枯渇するパターンです。古いアンティーク時計の世界ではしばしば見られる現象です。

続きを読む 56GSセイコー・ハイビート

OMEGA: Speedmaster Professional (ref.145.0022)

OMEGA|Speedmaster Professional ref.145.0022

鳥取県K.C.様ご依頼品

オメガのスピードマスターの修理ご依頼です。お車の洗車時に水が大量にかかったらしく、結露により風防の内側がくもってしまいました。しばらく放置してもくもりが取れないため、ドライヤーで加熱したところ、風防がポンっと取れてしまったということです。やってしまいましたねー。

続きを読む OMEGA: Speedmaster Professional (ref.145.0022)