OMEGA: Genève (Cal.601)

オーバーホール事例:オメガ・ジュネーブ(東京都J.S.様ご依頼品)

omega601-1

オメガ・ジュネーブのオーバーホールとライトポリッシュです。分解前の測定から。現状でも実用的な精度は出ているものの、平姿勢よりも縦姿勢が遅れており良くありません。注油もテンプの耐震装置に油が1滴も残っておらず、相当年月手入れされていないようです。なまじ精度が出ているこういう状態は持ち主に「オーバーホールなんかしなくても使えるんじゃないの?」という誤解を与えやすく、危険です。『油が乾いている』=『使えば確実にパーツを痛める準備が整っている』ようなものです。

 

omega601-2

全てのパーツの分解と洗浄が完了し、パーツをならべたところです。あまり使われなかったのか、全体的に摩耗も少なく、幸い交換が必要となる状態のものは見つかりませんでした。

 

omega601-3

香箱とゼンマイも洗浄して、注油をし直します。

 

omega601-4

最初にテンプだけを地板に組んで、ひげぜんまいなどテンプの調整を行います。ヒゲ持ち側(写真右方向)にひげの中心が寄っているのが分かるでしょうか?ひげぜんまいはどの角度から見ても等間隔に渦を巻いていなければなりません。(アルキメデス・スパイラルといいます)

 

omega601-5

テンプが修正できたらいったん外して、ムーブメント本体の組み立てを行います。オメガのキャリバー601は香箱と2番車の受けが1枚であるため、これを先に組みます。輪列から組むか、巻き上げ機構から組むかはケースバイ・ケースです。

 

omega601-6

続いて3番車からガンギ車までを組み、丸穴車や角穴車を組んでザラ回しを行い、各歯車の回転具合を見ます。さらにこの後、秒カナとアンクル・テンプの組み付けへと進みます。

 

omega601-7

テンプの取り付けまで終わり、ベースムーブメントが完成しました。過去にほとんど修理に出された形跡がないようで、ネジの頭はじめ見苦しいような傷がほとんど見られない綺麗な個体です。Cal.601もオメガのアンティークでは比較的人気の高い手巻き型の機械で、今でもよく修理に来ますが、これだけ状態の良いものはまれです。(良くて傷だらけで、変な所で修理されたものは壊されていたりします)

 

omega601-8

ベースムーブメントの測定

左上)文字盤上 振り角 250° ビートエラー0.2ms +003 sec/day

右上)文字盤下 振り角 251° ビートエラー0.0ms +007 sec/day

左下) 3時下  振り角 220° ビートエラー0.4ms +004 sec/day

右下)12時下  振り角 212° ビートエラー0.3ms +007 sec/day

主要4姿勢の姿勢差(Δ)4秒と、これ以上は無理と言える所まで改善しました。機械の持っているポテンシャルは常に限界まで引き出せるよう努力しています。しかし、元の機械の扱いに問題があって状態が良くないものや、そもそもグレードの低い機械では、出せる性能にも限度があります。私の仕事は高精度を出すことではありません。『その機械の潜在能力を最大限に引き出す』ことです。時計の精度は時計師の腕前で良くなるわけではないのです。技術が拙くオリジナルより悪くすることはあっても、オリジナル以上の精度にはなりません。強いていえば、良い時計師は時計のポテンシャルを殺さず、活かします。オリジナル以上の性能を求めるのは、野暮というものです。

 

omega601-9

ベースムーブメントの具合が良く、文字盤と剣付けへ進みます。

 

omega601-10

秒針と分針と短針の間隔は、どの時刻で重なっても均一になるようにします。このモデルは文字盤がドーム型をしており、風防の外周に近い部分は針も文字盤に合わせて曲げてありますので、とくにそういう部分は互いの針同士や風防・文字盤との接触がないかを入念にチェックします。

 

omega601-11

ケーシングまで進んだところです。ご依頼主様は過去にも博物館級の”美しい”機械をご依頼になっている方です。主にヤフオクで入手されているとのことですが、私は過去イタイ目に遭うばかりで、、、。(苦笑)このような品も、ある所にはあるということでしょうか。下手な色気は出さず、修理の道に精を出すことにいたします。

 

omega601-12

最終特性

左上)文字盤上 振り角 290° ビートエラー0.0ms +001 sec/day

右上)文字盤下 振り角 283° ビートエラー0.1ms +005 sec/day

左下1) 3時下 振り角 265° ビートエラー0.3ms +010 sec/day

左下2)12時下 振り角 250° ビートエラー0.3ms +008 sec/day

右下3) 3時上 振り角 252° ビートエラー0.0ms -002 sec/day

右下4)12時上 振り角 252° ビートエラー0.0ms -002 sec/day

少しマイナスが出てしまいましたが、主要姿勢から外れており、−1、2秒程度までは許容しています。3時下と12時下が文字盤上下よりも進みで+10秒あり、トータルとしては相殺されて進みになるという判断です。また、これは全巻きの状態での計測値ですが、半巻きの状態でも計測しております。その兼ね合いで(半巻きが進みになる場合)、全巻きは±0秒ギリギリのラインが狙えることがあります。今回がその例です。かなり高度な専門知識の話なので、良く分からなくても問題ないです。読み飛ばしましょう。笑 とにかく、手も頭もフル稼働でやっております。

 

omega601

完成

今回のサービス料金:オーバーホール(手巻き) ¥15,000

トップへ戻る