Omega: Speedmaster (cal.1866)

   オメガ・スピードマスターspeedmaster

オメガのスピードマスターで、ムーンフェイズとカレンダーを付加した cal.1866 搭載モデルのオーバーホールのご依頼です。ムーブメントはベーシックなタイプのcal.861 系と同じで、毎時21,600振動の手巻きロービートモデルです。

 

speedmaster1

分解前の歩度測定です。平姿勢では約10秒進みですが、縦姿勢では約10秒の遅れとなっており、少しお行儀が良くありません。腕から外せば進むけど、身につけていると遅れるという典型例です。その差Δ20秒が偶然に実生活で相殺されて、実測上は日差数秒のトントン調子に落ち着く場合もありますが、それはまれな例です。この機会に本来の姿に更正させましょう。

 

ムーブメントの分解をして、パーツの洗浄を行います。ベンジンカップの中で刷毛を使って丁寧に汚れを落とします。

 

パーツの洗浄がおわって並べたようすです。状態がよく交換が必要となるパーツは見当たりませんでした。

 

最初にバランスのみを地板に取り付けて、ひぜげんまいの調整を行ないます。最終的な時計の特性の8割はバランスの良し悪しで決まる、といっても過言ではないほどです。あらゆる角度からひげぜんまいをチェックします。いくつかの問題が見られましたが、全て修正できました。

 

組み立てに先立ち香箱とゼンマイも洗浄を行い、新しい油を注油しなおします。

 

ベースムーブメントの組み立てです。輪列の歯車をのせて、輪列受けを組んだところ。動きも滑らかでとくに問題はみられません。

 

speedmaster5

つづいて、アンクルとアンクル受けを組みます。アンクルとガンギ車の歯の噛み合い量をチェックし、問題がなければ注油を施します。ガンギやアンクルは表面がよく磨かれてグレードの高いパーツのようです。受けなども面取りがされてきれいに磨かれています。

 

speedmaster6

テンプを組んで、ベースムーブメントの完成です。受けにはコート・ド・ジュネーヴ(さざ波)模様が施され、見栄え良く仕上げがされています。

 

speedmaster7

ベースムーブメントのみの状態での歩度測定です。

左上)文字盤上 振り角 299° ビートエラー0.0ms +005 sec/day

右上)文字盤下 振り角 293° ビートエラー0.0ms +006 sec/day

左下)  3時下  振り角 273° ビートエラー0.2ms +005 sec/day

右下) 12時下   振り角 255° ビートエラー0.0ms +012 sec/day

分解前にΔ20秒あった姿勢差はΔ7秒まで改善されました。バランス修正の効果が出ています。

 

クロノグラフ機構を組み立てします。まずプッシャーと接続するオペレーティング・レバー回りから取り付けします。クロノグラフ・ランナーや受けに至るまでの各パーツを組み上げて行きます。

 

表輪列のクロノグラフ機構まで完成しました。個々のパーツが丁寧に仕上げられており、とても美しい個体だと思います。

 

speedmaster10

引き続き、裏回りのクロノグラフ機構と、カレンダーおよびムーンフェイズ機構の組み立てです。

 

speedmaster11

文字盤を取り付けしたところ。剣付けを行い、針の高さや間隔などが適正かどうかチェックします。とくに、クロノグラフ秒針を帰零させた時、0時00分の真上に戻るように、作業を注意深く行ないます。

 

speedmaster12

最後にケーシングの様子です。耐磁性を持たせるためのシールドが内蓋になります。美しいムーブメントの見納めで名残惜しい気持ちです。

 

speedmaster13

最終特性を測定します。最初にクロノグラフOFFの状態です。

左上)文字盤上 振り角 316° ビートエラー0.0ms +006 sec/day

右上)文字盤下 振り角 309° ビートエラー0.1ms +008 sec/day

左下1)3時下 振り角 276° ビートエラー0.2ms +003 sec/day

左下2)12時下 振り角 287° ビートエラー0.0ms +008 sec/day

右下3)3時上 振り角 284° ビートエラー0.0ms +005 sec/day

右下4)12時上 振り角 266° ビートエラー0.3ms +007 sec/day

 

speedmaster14

続いて、クロノグラフONの状態です。

左上)文字盤上 振り角 295° ビートエラー0.0ms +004 sec/day

右上)文字盤下 振り角 292° ビートエラー0.1ms +009 sec/day

左下1)3時下 振り角 252° ビートエラー0.2ms +010 sec/day

左下2)12時下 振り角 276° ビートエラー0.0ms +011 sec/day

右下3)3時上 振り角 243° ビートエラー0.0ms +010 sec/day

右下4)12時上 振り角 246° ビートエラー0.3ms +013 sec/day

全姿勢差Δ10秒(最高+013 最小+003)ON/OFF差(最大7秒最小1秒)最大ビートエラー0.3ms(推奨値 ≦ 0.3ms)最大振り角316°最小振り角243° ON/OFF差約20°〜30°

cal.1866の真の姿です。気持ち進み気味に調整してありますが、1年の保証期間を過ぎてなお3年〜5年先のことを考えると、遅れるか遅れないかのギリギリに合わせることはあまり得策とは言えません。メーカー製造直後の状態とは異なりますので、数年先まで実用可能な精度を保つために、少し余裕を持たせています。

 

完成

今回のサービス料金:オーバーホール(クロノグラフ) ¥30,000

 

トップへ戻る