RADO: StarLiner999 (AS.1902/03)

オーバーホール事例:  ラドー  “スターライナー999” (京都府F.M.様ご依頼品)RADO999-1

ラドーのキャリバーAS.1902/03を搭載した、毎時21,600振動のムーブメント“スターライナー”のオーバーホールです。症状は止まるとのこと。さっそくケース裏蓋を開けてみます。ケース内部にサビが見られ、ローターが一部擦り切れ、地金も緑青が出ている状態です。ローターのメッキは洗浄で大半が剥がれてしまいました。

 

RADO999-2

ローターブロックをさらに外すと、4番車(秒針のつく歯車)のホゾが油汚れで埋め尽くされ、ゼンマイを一杯に巻いても摩擦により動かない状態です。これが止まりの原因のひとつです。全体的に汚れがひどく、分解前の歩度測定は不可でした。

 

RADO999-3

それから、ローターブロックの受けも写真の左側のように、ローターの回転軸となるポストの部分が、受けから外れてしまっています。これでは自動巻きとして機能しないため、これも止まりの原因になります。この部品はやや特殊な方法で受けに固定されているため、万全を期して受けごと右側のパーツに交換します。

 

RADO999-4

本体のケースの防水パッキンは、ゴムが硬化してへばりついており、サビもろとも削り落とします。(写真上)その後、錆びとり液で内部深くまで進行したサビを溶かして汚れを取り、研磨を行なってキレイになりました。しかし、ケースは腐食によりパッキンの溝は凸凹があります。パッキンは新しく入れ替えますが、当初と同じ防水性能は期待できません。(写真下)

 

RADO999-5

輪列受けは表側のみならず、裏側まで油汚れがびっしり穴石に付着しています。外れたローター軸受けから流れてしまった油等がたまったようです。(写真上) 受けにたまっていた汚れも、ベンジン洗浄によりピカピカにします。(写真下)

 

RADO999-6

全てのパーツの洗浄が済んで、並べた様子です。ケースの内側にはかなりの赤サビが見られました。赤サビは空気中を伝染しますので、パーツへの影響が心配されましたが、どうにかムーブメント本体への影響は免れたようです。

 

RADO999-7

香箱のゼンマイに注油したところです。洗浄前は完全に油が乾ききっており、香箱内側の地金も変色してしまっています。機能には問題がないのでこのままとします。

 

RADO999-8

テンプの調整の様子です。ひげぜんまいの内端中心ズレと縦ブレが見られたため、少し手間取りましたが、30分ほどで元に戻すことに成功しました。

 

RADO999-9

ベースムーブメントの組み立ての様子です。輪列の組み立て(写真上)から行い、裏回り巻き上げ機構を組んで、再び表輪列に戻って脱進器・調速機構まで組みます。(写真下)

 

RADO999-10

ベースムーブメントの測定です。

左上)文字盤上 振り角 277° ビートエラー0.0ms +009 sec/day

右上)文字盤下 振り角 274° ビートエラー0.0ms +008 sec/day

左下) 3時下  振り角 247° ビートエラー0.0ms +012 sec/day

右下)12時下  振り角 247° ビートエラー0.0ms +010 sec/day

テンプ調整の甲斐あって、十分な特性です。

 

RADO999-11

ベースムーブメントに問題がなく、カレンダー機構の組み立てに移ります。さらにこの後、文字盤と剣付けを行ないます。

 

RADO999-12

自動巻きブロックも組み上げたところ。ローターは仮の装着で動作確認のみを行なっておき、ケーシングの際に裏蓋を締める前に取り付けます。

 

RADO999-13

最終特性

左上)文字盤上 振り角 274° ビートエラー0.0ms +011 sec/day

右上)文字盤下 振り角 269° ビートエラー0.1ms +009 sec/day

左下1) 3時下 振り角 244° ビートエラー0.0ms +011 sec/day

左下2)12時下 振り角 245° ビートエラー0.0ms +005 sec/day

右下3) 3時上 振り角 257° ビートエラー0.3ms -001 sec/day

右下4)12時上 振り角 249° ビートエラー0.3ms +005 sec/day

3時下と上の姿勢差Δ12秒が、そのまま全姿勢差ですので、バランスにまだ改善の余地があるようにも見えますが、3時下がいちばん進むというのは実動作ではむしろ好都合であるため、今回はこのままとします。それに加え、Δ12秒はすでに十分合格と言って良く、実用的な性能です。ビートエラーも全て0.3ms以下と申し分がありません。裏蓋を開けた瞬間はだめかと思いましたが、最後まで分からないものです。

 

RADO999-14

ケース研磨前(左)フルポリッシュ研磨後(右)

 

RADO999-15

完成

今回のサービス料金:オーバーホール(自動巻き) ¥20,000

外装研磨サービス:フルポリッシング ¥5,000

交換パーツ費用:ローターブロック軸受け ¥8,500 ケースパッキン ¥500

特別費用:錆びとり&パーツ補修 ¥10,000

合計:¥ 44,000

 

トップへ戻る