TAG Heuer: CARRERA (CV2010)

ポリッシング事例;タグ・ホイヤー  “カレラ”(神奈川県T.K.様ご依頼品)

carrera01

10年間の使用により、ケースもブレスレットも傷だらけで使用感が強い状態です。特にブレスレットはヘアラインがどの部分だったのかも判然としません。こういった場合にオススメなのが、フル・ポリッシングの研磨サービスです。

 

carrera02

ブレスレットは最初に全体の小傷を落として鏡面に仕上げます。(写真左上)次に、鏡面を残したい部分にテープで目張りを行います。(写真右上)その状態でヘアライン用研磨ホイールを用いて表面にヘアライン模様を入れます。(写真左下)同じ要領でテープ目張りと模様入れを繰り返して仕上げます。(写真右下)

 

carrera03

研磨ホイールでヘアラインを入れている様子です。(写真左)テープをとって、境界線がきっちり分かれているかチェックしています。問題があればテープを付け直して、ヘアラインの修正を行います。(写真右)

 

carrera04

ケース部分もベゼルや裏蓋を取り外して個別に研磨します。ベゼルはクロノグラフ・スケールの部分が塗装されているため、その部分は避けて鏡面の部分のみを再研磨します。今回はケース全体が鏡面仕上げなのでこのまま研磨可能ですが、例えば側面にヘアラインを入れるタイプの仕上げですと、プッシャーもパイプも全部ケースから取り外さないと上手く模様が入りませんので大変です。

 

carrera05

研磨が完了したケースの各パーツを元通りに組み上げて、防水チェックを行います。隙間があればケース内部の空気が外に漏れ出してきて、気泡となって表れます。どこからも気泡は微塵も出ていませんので、合格です。

 

carrera06

グラスプッシャーを使って、ベゼルをケース本体に取り付けしているところ。(写真左)クロノグラフ・スケールが、風防の内ベゼルと外ベゼルで目盛りが一致していなければいけません。しかし、なかなかこれが1発で決まらずズレてしまう事が多いので、根気強くもう一度取り外してから付け直します。今回は2度目で決まったので良い方です。(写真右下)

 

carrera07

オーバーホール済みの内部ムーブメントを組み込んで、ブレスレットも取り付けして完成です。遠目には新品のショーケースに並べておいても、たぶん誰も中古だとは気がつきません。

 

carrera08

手に取ってじっくりと見てしまうと、構造が複雑で研磨がむずかしいパーツ(ベゼルやクロノグラフ・プッシャーなど)は、完全に傷が取りきれないことが分かります。(写真左)ブレスレットの中駒にも深い傷があり、フルポリッシュでも取りきれませんでした。(写真右)

 

carrera09

今回のサービス料金:フル・ポリッシング (オーバーホール費用別)¥5,000

タグ・ホイヤー “カレラ” のオーバーホール事例を見る

トップへ戻る