Tutima: automatic (ETA2836)

チュチマ・オートマティック

チュチマのオートマティックをオークションで入手したので、整備をしてもらいたいとのご依頼です。外見の見た目はやや使用感があります。

 

分解前の測定から。平姿勢で振り角が200°ですが、ビートエラーが大きく離れています。

 

リュウズには緑青が出ていました。ガスケットの状態はまずまずだったので、表面の清掃のみとしました。ケース本体にネジロックできる専用タイプであり、構造が特殊です。手巻きすると巻真とのジョイント部がすべって空転しやすく、あまり良い状態ではありません。しかし、これは元々の作りが少し甘かったことに加えて、以前の所有者がおそらく無理に手巻きするなどして、ジョイント内部を痛めてしまったためと思われます。分解したところでどうすることもできないため、現状のままとします。極力手巻きを行わないことです。作りが向いてないモノをそうとは知らずに手巻きしまくって壊しても、こうした専用の外装パーツはメーカー代理店系列でないと手に入りません。リュウズ一式の交換になると思います。

 

自動巻ブロックを分解したところ、中間車のホゾが錆びていました。

 

これほど錆びてしまうと、交換以外に選択肢はありません。相当期間に渡ってメンテナンスをせず酷使されてきたと思われます。定期的に手入れさえしていれば、こんなに削れてボロボロになることはありません。

 

新しいパーツと交換します。ETAのムーブメント用のパーツは、在庫のあるうちは修理可能ですが、今後はだんだん入手難になるものと思われます。スウォッチ・グループの正規修理サービスセンターでなければパーツを卸してくれないためです。ETAに限らず、時計ブランドの多くが交換用パーツを売ってくれません。当工房のような個人の店はアンティーク専門店にでもなるか、パーツ交換なしのオーバーホールだけでやっていくことになります。オークションなどで新品パーツが手に入るうちはしぶとく頑張っていこうと思いますが、先々あまり良い展望とは言えません。

 

自動巻ブロックをさらに分解していきます。切替車が受けと接触していて、擦り傷がついてしまっています。切替車はダメージがひどく、これも交換することに。

 

受けのほうは穴石を調整します。メーカー側で製造時にしっかり調整されているものは、石を再調整する必要はありません。同じETAのムーブメントを使っていても、ブランドによって調整技術に差を感じます。ファクトリーパッケージをそのままポンと入れるのと、時計師を使って最適化させて組むのとでは、こうして年月と共に明暗が分かれるのです。

 

穴石を押し込んで、切替車のタテアガキ(クリアランス)を狭めます。量にしたら1/100〜3/100mm 程度のわずかなものです。時間に追いかけられるようにノルマの中で仕事する時計師の多くは、見て見ぬふりをします。再調整なんかしなくても、時計は動くからです。精度も変わりません。給料もらえます。しかし、ここが狂ったままパーツを変えただけでは、やがてまた同じ状態になってしまいます。また交換が必要になって困るのはお客様です。良心がなくなると、落ちるところまで落ちます。そういう仕事はしたくないものです。

 

再調整後に新しい各パーツを仮組みして、動きをみます。今度は切替車がスムーズに接触せずに回転することを確認しました。中間車とのかみあいもバッチリです。

 

さらにムーブメント本体の輪列まで分解したところ。今度は4番車に問題発見。

 

ホゾのサビに加えて、写真では少しわかりにくいですがカナの部分にもサビが生じていました。これも交換するしかありません。オークションに出回っている中古の時計は、たとえ動作する場合であっても、このように中身のパーツがとんでもない状態であることも少なくありません。

 

こちらはバランス(テンプ)を外したところ。テンワの一部に緑青がわずかに噴いています。清掃により落としたものの、少し跡が残りました。バランスはわずかでも重心が偏心すれば、たちまち精度に悪影響を及ぼします。当工房では影響は比較的軽微とみて交換は見送りましたが、メーカーあたりでは容赦なく交換相当にされるでしょう。パーツ交換費用だけでさらに何万円もかかってしまいますね。

 

香箱のゼンマイも洗浄して注油しなおしました。ETA28XX系のぜんまいはやや厚みがあり、しかも香箱いっぱいに入っているため、油が古くなって乾いてくると、巻き上げに非常に大きな力が必要となります。自動巻きでは十分に巻き上げられなくなって、持ち主が手巻きしはじめます。するとこれまで見てきたように、切替車や中間車に余分な負荷がかかって、ホゾでもなんでも痛みます。手巻きしなければすぐに止まってしまうようになったら、それはメンテナンス時期の来ているサインです。

 

全てのパーツの分解と洗浄が終わり、パーツケースに収めます。

 

バランスを地板に組んで調整します。

 

こちらは輪列を組み立てるようす。すっかりパーツはきれいになっています。

 

輪列の受けまで組んだところ。典型的なETA2836の通常グレードのムーブメントです。輪列の穴石がここも何箇所かおかしかったので再調整しました。

 

ベースムーブメントが組みあがりました。

 

ベースムーブメントの測定

左上)文字盤上 振り角 306° ビートエラー0.0ms +000 sec/day

右上)文字盤下 振り角 302° ビートエラー0.0ms +004 sec/day

左下) 3時下  振り角 289° ビートエラー0.2ms +008 sec/day

右下)12時下  振り角 283° ビートエラー0.0ms +004 sec/day

見違える特性に回復しました。新品と大差ないところです。きっちり調整してやればETA2836の本来の性能がまだ出ます。さらに何十年もしてアンティーク扱いになったとき、正しく整備されてきたものとそうでなかった個体の差は開きます。そうなると、もはや時計師の腕などに関係なくオーバーホールのみではどうにも回復しない性能になってしまいます。

 

カレンダーまわりの組み立てへ進みます。

 

文字盤と剣つけをします。針の高さも程よくまっすぐに付きました。

 

いよいよケーシングです。過去にほとんど整備されていなかったとみえ、ムーブメントはご覧のように全体的には美しい状態です。しかし、定期メンテナンスを怠るとパーツのホゾなどの要所が、サビにより駄目になってしまいます。今回はそれが分かりやすい例でした。

 

最終特性

左上)文字盤上 振り角 295° ビートエラー0.0ms +001 sec/day

右上)文字盤下 振り角 298° ビートエラー0.0ms +004 sec/day

左下1) 3時下 振り角 282° ビートエラー0.0ms +007 sec/day

左下2)12時下 振り角 280° ビートエラー0.1ms +004 sec/day

右下3) 3時上 振り角 285° ビートエラー0.1ms +005 sec/day

右下4)12時上 振り角 280° ビートエラー0.0ms +008 sec/day

 

完成

【チュチマ ETA.2836】
———————————————————————————————
□オーバーホール料金  自動巻  ¥ 20,000
□追加パーツ費用
 ・4番車 ¥ 5,000
 ・自動巻き中間車 ¥ 5,000
 ・自動巻き切替車 ¥ 7,500
□その他
 ・研磨サービス 洗浄のみ ¥ 無料
 ・ブログ掲載オプション ¥ 5,000
———————————————————————————————
合計金額      ¥ 42,500

 

トップへ戻る