危機に備える

オーストリア造幣局発行:通称『ウィーンフィルハーモニー金貨』

この度、営業方針の刷新に伴いまして、従来の現金によるお支払い方法に加えて、『金貨』による決済サービスを開始させていただきます。なぜ今、『金貨』なのか?


これから『金』の時代がやってくる?

カナダ造幣局発行1トロイオンス金貨:通称【カナディアン・メイプルリーフ】

当工房料金ページの『1/10トロイオンス金貨』の表示に面食らった方も多いのではないかと思います。何かの冗談ですよね?笑

イヤ。大真面目です。

このような事をやぶからに始めるには私なりの理由と考えがあります。察しの早い方には先刻承知のことかと思いますが、これはインフレ対策の一環です。加えて、通貨危機が遠からず起きるだろうことを想定した、最悪の事態への備えでもあります。

1トロイオンス各種:【金】【銀】【プラチナ】など

日本銀行券の額面10,000円の価値を担保しているものって、なんだと思います?

お金というのは、つきつめると観念でしかないのです。みんながみんな、その『10,000』の紙きれには『10,000円の価値がある』と信じることで、はじめてそれは通貨として通用するんです。誰もその価値を信じなくなったらどうですかね。猫に小判といいますが、動物にそんな価値が通じるわけないですよね。人間でも同じです。未開の奥地で、これはスバラシイ価値があるからと言って、日本銀行券を渡しても、きっと現地民は喜ばないでしょうね。同様に、江戸時代のどこかの国の藩が発行した『ホニャララ両』の紙(藩札という)を、今誰もその価値を信じていませんよね。同じことです。所詮、それは人間が紙に書いたものでしかない。今の法定通貨も本質的には何も変わっておりません。永遠に価値のあるものではあり得ない。信用力を失えば、魔法がとけてタダの紙切れに戻ってしまう。

そういうことにならないよう、日本では中央銀行である日銀が通貨の番人としての役割を担っている、、、はずでした。

ところが、最近ニュースのアレです。『指値オペ』

これがまあ、経済の詳しい方からすると、とんでもない愚策のようです。わざわざ自国の通貨の価値を毀損させるような行動を取っています。アベノミクスあたりから、MMT理論で無制限に紙幣を刷りまくって株でも国債でも買い漁り始めた頃から、「もうこの国は長くないんじゃないか」とはうすうす疑っておりました。ここへ来て、決定的に末期症状とみられる状況を示し始めました。いよいよ円安はふせぎきれず、やがては極度のインフレによる通貨価値の滅失に至ることは、もはや時間の問題だと思います。

なるならないの話を詳しく論じるつもりはありません。私はただ、ひとりの国民として、「なってからでは遅い」からこうして準備をしているだけです。恐れているような事態にはならないかも知れない。それはそれで構わない。多少は金価格の推移で損失が出たとしても、金の価値がゼロになるということは、日本円が紙くずになることを想定する以上にあり得ない。ですので、『円』で持つより『金』(ゴールド)で持っていたほうが、イザという時には助かる確率が高いと読んだわけです。そして、『円』は紙くずになったらそこでおしまいですが、『金』ならやがて来る次の時代でも、その価値を保ち続けることが可能です。今日の日本円にしてオーバーホール1回分に必要な金額と同じ価値を、失わずに済むのです。

さて、どうするのがお利口なやり方でしょうねえ??笑

同じ1トロイオンスの重さの金でも厚みと径が異なる

国や地域の通貨なんてものは、体制崩壊と共に無価値になります。それは歴史をみれば過去に幾度となく繰り返されております。

しかし、【金】の価値がゼロになったことは、人類史上、ただの一度もありません!

私は自分の1日分のオーバーホールの仕事を、10分の1トロイオンスの純金に相当すると、この際『宣言いたします』。

これは、個人的な金本位制のスタートでもあります。一般的には「金の価格が上がった」と申しますが、それは日本円なり法定通貨を基準にモノゴトを見ているからです。金を基準にすれば、価値が変わっているのは通貨のほうです。金の製造コストは極端に高いため、現在の人類の技術では埋蔵量の一部を集められるにすぎず、しかも地上に存在するその総量はほぼ決まっております。このため、実質的に大きく価値が増減することはありません。人間の意志で自由に刷れるお札と違って、有限です。そもそもお金の価値がコロコロ変わるのは、人間が勝手に際限なく自分の都合でお札を刷りまくったりするからです。金にはそのようなことは起こりません。錬金術でもあれば話は別ですが。理論上は水銀から合成できることまでは現在の科学で分かっておりますが。まあ無理でしょう。人工太陽も未だ作れない人間に、水銀から金を合成できるわけがありません。天文学的パワーとエネルギーがなければそれは不可能です。「地球が足りなくなったので、もう一個新しく作りましょう」と言っているのと同じです。理論だけなら成立するが、実現はしない。まさに机上の空論です。(最近の頭でっかちな日本人にはこういうタイプが多くて痛い)

金貨用のパーツケースに入れて送っていただけると助かります

そのようなわけで、これからは当工房のオーバーホール費用は【1/10トロイオンス金貨1枚】となります。

くどいようですが、金が基準です。世の中の都合で円の価値が減価したら、円のほうのプライスは容赦なく都度変えさせていただきます。2022年5月現在、金1gの価格は約8,500円となっております。1/10トロイオンスですと、約3.1gですから、約26,000円ほどです。

とりあえず新料金のオーバーホールコースは30,000円で再スタートしました。今なら、現金ではなく金貨でお支払いしたほうが安いですね。笑

それでいいのです。それが狙いです。

なるべくみなさまには、お客様としてこの先もどうか生き延びていただきたい。そして当工房をご利用し続けていただきたい。僭越ながら、そのための知恵を授けます。なるべく手元にゴールドコインをご用意ください。例えば、これが金1gで10,000円になったとしましょう。あなたは、1500円の減価分の価値をキープしたことになります。(くれぐれも1500円儲かった、などとは考えないことです。あくまで【金】を中心にモノゴトみる練習だと思ってください)1/10トロイオンスであれば、31、000円ですね。

あっという間ですよ。そしたら、そのときには当工房のオーバーホール費用は35,000円くらいにさせていただきます。(以後同じ)

1/10トロイオンスのほうは動かしません、なぜなら私の1日の仕事は1/10トロイオンスの純金に等しい、と上記で宣言したからです。【ここがミソ】

さあさあ、よくお考えくださいね。

ありったけのお金をいますぐ全部金貨にした場合と、将来どちらが得なのか。(いや、そこまではしなくて良いですが)

判断はお任せいたします。笑


【おすすめ入手法についてのおまけ情報】

ウィーンコイン 1oz 10枚 ミントロール

「金貨って言ってもどこで買えばいいの?」そんなアナタにおすすめ!各国造幣局の正式代理店である『野口コイン 株式会社』なら、初めての方でも安心♪

野口コイン様で 1/10 oz『ウィーンコイン』ミントロールを買う

インゴットなら定番の『田中貴金属工業』や『三菱マテリアル』などのほうがメジャーではありますが、実際1kgのバーとか持ってても、それイザって時には使い道ありませんから。(どこで何と交換するおつもり?)

個人で持つならコインがおすすめ。必要なときに、ちょびっとだけ使えるし、リスクを分散できます。(保管するにも。使用するにも。)

買って損はありませんよぅ♪

持っているだけで、どんどん金の価格はあがりますので、円に戻しても損はないです。(円に戻せない世になればなおさら)写真のミントロールも私が入手した時の相場に換算すると約200万円ほどでしたが、今では約300万円の値打ちがあります。この数年ほどはほぼ一本調子で金相場は上がり続けております。もちろん私は金で儲けた、などとは少しも思いません。さらにこれが500万になっても円に戻そうとは思わないし、1000万になっても驚かないです。むしろ「やっぱりな」としみじみ嘆息して、円のお葬式に手を合わせるんじゃないでしょうか。金が高騰するんじゃないんです。円が死ぬんです。円にしがみついて、その価値が永遠だと信じていると心中します。もはやそれが既定路線にしかみえません。100歩ゆずって、万が一、日本国はかつての栄華を奇跡的に取り戻し、金は再び史上最安値に落ちてしまった(!)、、、その時は、『アトリエ・ドゥで使えばいいだけさ!!!!』笑

え?オタクは営業方針を変えまくっているから信用できない?

それを言われるとツライ。苦笑

しかし、今度ばかりは一生に一度あるかないかの世界秩序の移り行く瀬戸際だと確信するに至りました。話すと長いですが、過去10年以上ずっと疑っていて、コロナ、オロシヤ(露)、食糧危機と来て、さすがの鈍い私にでも流れは決定的に見えてきております。だいたい覇権を握る国って1世紀しか持たないんですよ。太陽活動とも関係しているらしいですが。(マジの話)オランダもイギリスもそしてついにアメリカも。次は中国か?それを決する大戦前夜です。(あるいはすでに始まっている)

ですので、腹を括りました。私の目の黒いうちは二言はありません。この職能果てるまで、どこまでも金本位でまいります。次の世が来て、再び平和と安寧に落ち着く頃には、、私の寿命は尽きているでしょう。その大きな流れの中での今回の決断です。すでに私は日本円に見切りをつけております。正確に言うと、通貨に頼らない生活スタイルを構築しつつあり、現状の経済圏になるべく依存しない方法で暮らしております。今はわずかに残った日々の食料調達でしか主に通貨を使用しておりません。究極は自給自足ですが、今からやるには準備が遅すぎました。かわりに1年といわず3年分でも備蓄して来たるべき危機に備えております。

アトリエ・ドゥある限り、1/10oz金貨は1日のサービス(オーバーホール)料金として常に有効です。他は変えても、これだけはもう店仕舞いするまで変えるつもりはございません!


(独り言:働かない老人に年金という銀行券を配ってしかもその財源が歳入で足りないから輪転機ぶん回して紙幣刷らせて国債として買わせておいてMMTとか言ってるけど打ち出の小槌じゃあるまいし本当にそんな屁理屈通るなら世界中の株でも債券でも日銀がぜんぶ買い占めできるはずだがオマエは本気でそう思うのか?そんなチキンレースに国民を巻き込んでおいて奴らイザとなったら預金封鎖で国民からカネ巻き上げてトンズラよ前科あるぞ敗戦後と同じデノミだなよくてデフォルトアメリカ合衆国日本州のおわり下手すりゃ次は中華人民共和国日本省だな!)