サイトリニューアルのお知らせ

(8月31日最終版)

アトリエ・ドゥのサイトは2019年の7月にリニューアルいたしました。これに伴いましてサービスの内容を一部変更させていただきました。

  • 外装研磨サービスの対象範囲を縮小
  • ブログの過去の記事の削除と再掲載
  • その他、分かりにくい情報の整理/削除

当工房のサービスもサイト立ち上げからすでに4年目を迎えており、この間にさまざまな新サービスの追加・変更を行ってまいりました結果、旧サイトがはじめて訪れる方には分かりにくいものとなってしまいました。ここでいったん見直しを行いまして、分かりにくい部分や、個別にお問い合わせで対応したほうが適切な内容についてはあえて触れずに、シンプルで誰にでも分かりやすくなるようなサイトへと転換を図ることにいたしました。

外装研磨サービスにつきましては、クロノグラフなどケースの構造が複雑で、研磨サービス費用のほかに多額のパーツ交換費用がかかってしまうものは本サイトのサービスにはそぐわないと判断し、今後はご提供しないこととさせていただきます。

ブログの過去の記事につきましても見直しを行いました結果、今後のアトリエ・ドゥの目指す方向性と矛盾する内容のものや、同じサービスのご提供が難しくなってくることが予想されるものは掲載し続けるべきではないと思われます。そのため、誠に勝手ながら、古い修理記録につきましてはいったん全て削除したうえで、今後も同じサービスのご提供が可能であるものについては再投稿という形で対応させていただきます。

※リダイレクト設定をご希望されるページについてはお手数ですが個別にリクエストをご連絡願います。当ブログのオプションをご利用された方からのご要望は優先的に対応させていただきます。

《 再投稿およびリダイレクトのリクエストは受付終了しました。8月31日

以上となります。元号も新しく令和となりましたので、サービス内容を見直すよい機会となりました。もともと機械式腕時計のオーバーホールに特化した、スイス製高級時計の整備に要求される世界基準の技術があり、リーズナブルな料金で定期メンテナンスを受けられる店という位置付けをめざして工房を設立いたしました。ところが、どうも蓋をあけてみますにオークションなどで手に入れた中古品を安く復活させる駆け込み寺のような実態になっておりました。今後はそういうご趣味の方にはキッチリ【すべておまかせコース】にてお代を頂戴いたします。これは2回目以降のメンテナンスを通常コースで受付できるようにするためにも必要なことです。そして、実用品として本当に長きにわたってご愛用の時計と共にお付き合いくださるお客様にとっては、世界中どこよりも安く質の良いサービスをご提供できる店であり続けたいと思っております。

今後ともアトリエ・ドゥをよろしくお願い申し上げます。