ROLEX – Datejust ref.178274

ROLEX | Datejust ref.178274

ロレックスのデイトジャストのオーバーホールと外装研磨のご依頼です。前回のメンテナンスから6年ほど経過していて、ここ数年はお使いになっていないとのこと。


ロレックス・デイトジャスト ref.178274

分解前の測定から。振り角も230°位までで少し元気がなく、歩度も全体的に遅れてきています。定期メンテナンスの頃合いと思われます。


すべてのパーツを分解して洗浄したところ。とくに交換が必要となるパーツは見つかりませんでした。


香箱の中の油は乾ききって、ゼンマイは黒く汚れておりました。こちらも洗浄して新しい油を入れ直します。


ベースムーブメントの組み立てをしていきます。これは巻上げ機構を組んでいくところ。


巻上げ機構部分が組みあがったようす。


つづいて輪列側を組み立てていきます。歯車のホゾなどはしっかりしており、過去の整備傷などもほとんど見られず良好です。


レディース用のムーブメントで、cal.2235が搭載されています。サイズもかなり小さめなので、取り扱いには注意が必要です。


アンクルまで組み込んだところ。こんなに小さなムーブメントですが、細かい部分までとても丁寧に作られております。


ベースムーブメントの完了したところ。


ベースムーブメントの測定。特性に問題はなく、順調に進みます。


カレンダー機構の取り付け。このサイズですが、メンズサイズと同様に瞬間送り機構が付きます。小型で簡略化されるほど、わずかなミスでも不具合につながります。より繊細で高度な整備技術が求められます。


文字盤と針付けをしたところ。インデックスのダイヤモンドが目をひきます。


外装パーツも研磨を行なって、組み立てなおします。


ケースが組みあがったところ。


ケーシングまで来ました。


最終特性

左上)文字盤上 振り角 293° 歩度 +004 sec/day

右上)文字盤下 振り角 290° 歩度 +005 sec/day

左下1) 3時下 振り角 275° 歩度 +005 sec/day

左下2)12時下 振り角 262° 歩度 +003 sec/day

右下3) 3時上 振り角 266° 歩度 +001 sec/day

右下4)12時上 振り角 258° 歩度 +004 sec/day

レディース・サイズでは、機械を小型化するため性能が犠牲になることも多いですが、ロレックスに限ってはメンズのものとほとんど差がありません。すごいことです。


研磨前(左)研磨後(右)